空むこう、ジニア

第四回氷室冴子青春文学賞の最終候補にのこった作品です。先生方の講評を見ながら執筆にお役立てください。

山城 木緑

青春 完結
1時間18分 (46,488文字)
高殿小学校の先生方、色々お教えいただきありがとうございました_(._.)_

45 213

あらすじ

小学校五年生のだんご(竹内安吾)は障害を抱えながらも学校生活を楽しんでいた。 だんごのお世話係に任命されたのは、母親の介護を隠しながら学校生活を送る清水知沙だった。 だんごは知沙の異変に気づき、知沙の

タグ

感想・レビュー 2

ケアをする人、される人

障害を持ち、言葉によるコミュニケーションが難しい安吾(だんご)。学期ごとにクラスメイトの1人がだんごのお世話係に任命され、二学期にお世話係になったのは知沙。知沙は障害を抱えた母親の介護を、周囲には黙っ
1件2件

内面の優しさがあって、初めて受け入れるもの

本作品には絶対的な悪がいないが、理不尽という言葉が人物たちを包んでいる。だが作品の人物たちは皆受け入れている。障害を持つ主人公のだんご。母の介護をしている知沙。二人の周りには多くの登場人物がいるが、皆
ネタバレあり
2件3件