オリオンの夜に〜禁断の恋は甘く切なく溶けていく〜

俺が愛したのは、半分だけ血の繋がった妹だった

遊野煌

恋愛 完結 過激表現
4時間18分 (154,790文字)
オリオンの夜に。苦しいほどの愛は、夜空から降る雪のように、ただ、心に降り積もるだけ。   

208 1,120

あらすじ

『明香が幸せなら、それで良かった』 複雑な家庭の事情を、抱えながら、一つ屋根の下で育った3兄妹。妹の明香に、想いを寄せる冬馬は、ある夜が忘れられない。それは、明香も同じだった。 複雑な運命が、織りなす

感想・レビュー 1

最後の最後に…

最後の最後に… 泣きました。号泣です。 多分何回読み返しても号泣するんだろうな。 人を想う事を考えさせられました。 ありがとうございました。
2件1件

この作品を含むお気に入りリスト 1件

その他情報

公開日 2022/6/22