『鍵……忍び寄る影と罠』

多くの人間の死。だが、その間に関連性は見えない。

1,398 1,095

10時間50分 (389585文字)

あらすじ

大学を卒業して食品会社に勤めたばかりの籐野駿哉(とうのしゅんや)のもとに、ある日、『細長い古ぼけた鍵』が送られて来る。 恋人の『間宮花穂(かほ)』とともにどうにかその鍵の家を探し当て、その家の扉の鍵

タグ

感想・レビュー 2

※このコメントはネタバレを含みます

設定は面白いのだと思いますが、躍動感がなく読み進めるのが大変でした。主人公の心境や状況に緊張感があると素敵な作品になるのではないでしょうか?

その他情報

公開日 2008/4/6

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る