散華 ~嗚呼、二本松少年隊~

史実を基にしたフィクションです

小松平朝臣

21分 (12,424文字)

103 67

あらすじ

 時は幕末、慶応四年。  会津屠ふるべしと意気込む薩長の軍勢。  江戸城を無血開城させた勢いを持って迫り来る彼等を出迎えたのは、年端も行かぬ十二~七歳の少年達だった。 ※警告  この話

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る