歴史の闇に埋もれた「怪異」は時空を超えて

江戸時代後期、海中からとある宝剣がひきあげられるシーンから物語が始まります。 その謎をめぐって、鎌倉時代の若武者・厚東四郎と昭和初期にヨーロッパを旅する浅野和三郎の魂が交錯します。 浅野和三郎は夢の中
レビュー失礼いたします。 放射能という言葉を使わず、呪いとしたところが奥深いです。 ネイサンの町では「氷河の氷がなくなったことを気にする者はおらず、氷河の氷だといつわって普通の氷を売る」といった描写に
ネタバレあり
1件
鬼神を呼び出し、それをあやつる少女の悲しい恋の物語。 冒頭から屋敷の屋根にうずくまる巨大な鬼蜘蛛と月夜のシーンが美しい。 鬼神を呼び出す能力があるゆえに、母に捨てられ人を殺める仕事を押し付けられる不幸
ネタバレあり
日常にひそむ、孤独と喪失のホラー。 踏み切りの「かあんかあん」という音が読者の不安感をかきたてます。 物語の中心は鳥海はるかとその娘、真央。 ふとした隙に真央が行方不明となり、半狂乱で探すはるか。 し
1件
とにかく豪華絢爛な冒険活劇です。 北条氏の血を引き、喜連川藩の奥方「氏姫」に隠された秘宝をめぐって、剣豪、忍び、富豪の商人や幕府の高官である謎の人物が戦い、駆け引きを繰り広げます。 父の仇討ちを胸に
1件
とにかく一読の価値アリです。 まず古典に造詣が深い作者さんらしく、その文体が華麗です。 それでいて、コメディ! 題名通り戦隊モノのパロディなのですが、攻撃されるワルダマンはごく普通の青年。 読んでい
一人称「おれ」のために大人のオトコかと思いきや、小学生の「夏の昼間の夢」 なんともかわいい。子どもの日向くささが立ちのぼるよーな、懐かしさがありました。
ネタバレあり
2件