このページのリンクアドレス

エブリスタ
緑の風と小さな光

小説 ファンタジー

緑の風と小さな光

ひととせ翠

未来を変える為の魔法石。宿す事になったのは、存在を消された魔法使い…。

完結

265ページ

更新:2017/09/22

説明

「偉大な魔法使い」の称号を持つヴァシュロークが430年後の未来の為に作り上げた魔法石『フィズ』。

フィズを宿す事になったのは、王位継承者として生まれながらも、死んだ事になっているセレ。

セレはフィズの守護者として430年を生きなければならない使命を負う。

絶大な力を持つ魔法石を守り切れるのか…?
常人よりもずっと長い人生をどうするのか…?

戦闘、冒険、恋愛、色とりどりにしたいと思っています。

童話的な要素もあると思います。

そして、何があってもハッピーエンドが基本です。

安心して読めるストーリーを心掛けています。
(ベタとも言えるかも…)

1章ずつでも楽しめる様になっていますので、長い文章は苦手な方も、ちょっとご覧になってみて下さい!

どうぞ宜しくお願い致します。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ひととせ翠さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント