このページのリンクアドレス

エブリスタ
友よ、僕は魔王でした

小説 ファンタジー

友よ、僕は魔王でした

芥生夢子

(5)

「お願いがあるんだ。必ず、必ず僕を倒しにきて」

連載中

583ページ

更新:2018/11/04

コメント:10/24固有名詞をいくつか変更してます

説明

勇者の血を引く青年レイと、共に育った親友リーベ。レイが父から勇者の剣を継いだその日、魔王として復活したのは親友であるリーベだった。

目覚めた魔王は、勇者に懇願する。

「お願いがあるんだ。必ず、必ず僕を倒しにきて」

友を人間に戻すため、勇者は旅立ち、仲間を得ながら魔王の下を目指す。

運命に翻弄される二人の友情と、彼らを取り巻く仲間の絆を描く、剣と魔法のドラマティックファンタジー!

この作品のタグ

作品レビュー

芥生夢子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント