特集

友よ、僕は魔王でした

「お願いがあるんだ。必ず、必ず僕を倒しにきて」

芥生夢子

ファンタジー 休載中
8時間56分 (321,459文字)

768 1,569

あらすじ

勇者の血を引く青年レイと、共に育った親友リーベ。レイが父から勇者の剣を継いだその日、魔王として復活したのは親友であるリーベだった。 目覚めた魔王は、勇者に懇願する。 「お願いがあるんだ。必ず、必ず

感想・レビュー 5

やっと読み終わりました。 銀河英雄伝説からS(サイエンス)を抜いた感じ、と言えば分かりやすいかもしれません。といっても、物語として似てはいません。雰囲気がそうというだけで。 連載、続いているようなので
1件1件
このままゲームのシナリオに使えるくらいの完成度。まだ序盤しか読んでないですけど王道展開。新しさは無いのかもしれないけど、懐かしい時代のファンタジーの匂いが濃くする。絵本とか漫画にしたら子供は喜ぶと思う
1件2件
(応援)  『細部まで表現された圧倒的な世界観。言葉のマエストロ(筆者)が奏でる壮大なファンタジー。そうこれは、辛く、苦しい宿命を背負った勇者レイと、その仲間達の冒険の記録。』  勇者の血を引くレイ
1件2件
もっと見る

この作者の作品