このページのリンクアドレス

エブリスタ
カモフラ結婚 ~ 交際ゼロ日、夫婦はじめました。

小説 恋愛

カモフラ結婚

カモフラ結婚 ~ 交際ゼロ日、夫婦はじめました。

タカナシ

(6)

【試し読み公開中】恋愛感情ナシだけど結婚してもいいですよね?

完結

114ページ

更新:2018/09/06

コメント:【書籍化】☆彡スターありがとうございます

説明

【第一章のみ試し読み公開中】CADオペと現場監督・不器用な二人のゼロからはじまる結婚生活

結婚を焦るつくづく男運のない片瀬沙也(かたせさや)は、同僚の地味で冴えない藤木柊平(ふじきしゅうへい)が結婚相手を探していると知り、「私でもいいですか?」と提案してみた――

番外編[リンク]

書籍と内容が異なる部分があります。
書籍には本編の【後日談】が収録されています←ココ大事♪
こちら試し読みのため第一章までです・・・ <(_ _)>

連載開始 2018/02/22
急上昇恋愛一位(総合二位) 2018/02/24
新作総合一位 2018/02/25-26
完結 2018/06/06

書籍化情報

書籍名:カモフラ結婚 交際ゼロ日、夫婦はじめました

出版社:一迅社

発売日:2018/8/10

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

砂原雑音
砂原雑音さん
【作品】カモフラ結婚についてのレビュー

レビューを書くにあたり、この作品は恋愛小説だろうかヒューマンドラマだろうか、と考えた。
もちろん、男女の恋愛、結婚が描かれていることに違いないのだけれど、エブリスタだけでなく他サイトでも、最近の恋愛小説はとにかく恋愛主体で甘くハッピーなものが多い。
私も恋愛小説を書く上で、そういう思考回路になっている。
どちらが悪いということではなく、この作品に関しては、恋愛小説と頭でイメージするものとは少し違った雰囲気だったということです。

カモフラ結婚は、とにかくジレジレでむずきゅん、という印象ですが、それは恋だけでなく、家族の問題や会社の仕組み、職場の人間関係、仕事の夢などそれらの要素も省略されることなく挙げられているから尚更なのかもしれません。
本来、現実の恋愛や結婚はそれらを無視してできるものではなくて、そこを省かずに書かれているからか、この主役ふたりの結婚が現実にあったことのようにリアルに感じられました。

正確で、シンプルなタカナシさんの文章に、それがとても合っていると思います。

そしてそして、甘くないかと思いきや、とにかく塩辛く(失礼)始まったふたりなものですから、ささやかなふれあいが物凄く甘く、胸がキュンキュンさせられます。

もどかしい!
なんとかしたい!
けどこんなじれじれのふたりが好き!

と何度頭で叫んだでしょうか(笑)

私はサイト版と書籍版の両方を読ませていただいたのですが、書籍版に掲載されている後日談が、また良い。

後日談のラストの文章に、夫婦であることの意味が込められているようで、それはこの物語の中のふたりに限らず、すべての夫婦に言えることだろうとはっとさせられました。
そんな風に生きていたいし、

この作品のふたりならきっと、そんな生き方をしていくのだろうと、心が温かくなりました。

ぜひ、書籍を手に取っていただきたい。
後日談まで読んでこそ、この作品の全容が見えると思うのです。
(現在はサイト版は一章のみの公開となっているようです)

もっと見る

2018/09/24 10:32
コメント(1)
山崎ニャル子
山崎ニャル子 さん
【作品】カモフラ結婚についてのレビュー

ネタバレ

読ませていただきました!カモフラ結婚!!

『結婚したい』『会社の既婚者優遇制度を利用したい』
そんな、互いに好都合な願望を叶えるために始めた『契約結婚』!!

どちらかと言えば、ざっくばらんな沙也さんと、細か~いタイプの藤木さん……。
同棲開始当初、部屋に物が散乱していても気にしない沙也さんへの愚痴を、サボテンに向けてグチグチ小言を垂れる藤木さんの姿に、前途多難な予感を察知しました 笑

やはりその予感は的中で、まぁこの二人の見ていてじれったいこと!!笑

『夫婦』として、近くにいる存在だからこそ、無視出来ない相手の感情。
気になることがあっても、『恋人』という過程を飛ばしてしまったから聞けない想い。
一番近いようで、遠い二人の心の距離が、少しずつ近付いていく様に、胸が熱くなりました!

恋愛感情も一切なく、とりあえず形だけ結婚をした二人が、話が進む事に本物の『夫婦』になっていくにつれて、もしかして『夫婦』って、時間が作ってくれるものかも知れないなぁ……と、思ったりもしました。
相手を思いやる時間が増えれば増えるほど、『夫婦』に近付いていくような。そんな感じです……。
既婚者のくせに、改めて気付かされたような気がします(*´ `*)

ときどき腹が立つこともありますが、それでもこんな私と共にいてくれる夫に、今日は彼の好きなものでも作ってやるか……。なんて、思わせてくれた素敵な作品でした(*^^*)

もっともっと伝えたいことがあるのに、私の拙い文章では、これが精一杯……。
どうか、どうか、この感動は貴方様の目でお確かめくださいっ!!m(_ _)m

タカナシさん、今回も本当に素敵な作品をありがとうございました!
書籍が店頭に並ぶ日を、楽しみにお待ちしておりますね!!

もっと見る

2018/07/16 16:52
コメント(1)

タカナシさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません