このページのリンクアドレス

エブリスタ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第29回 「おかえり」というセリフを使って書こう

SNSで特集情報をお届けします!

5分で読める短編小説シリーズ

イベント名

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第29回 「おかえり」というセリフを使って書こう

スケジュール

■募集期間
2016年7月13日(水)11:00:00 ~ 2016年8月9日(火)23:59:59

■結果発表
中間発表:なし
最終結果発表:2016年9月下旬

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)

募集内容

新作限定! 初心者大歓迎! 三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第29弾です。

今回のテーマは

「おかえり」というセリフを使って書こう

です。
作中のどこかに必ず「おかえり」というセリフを入れた妄想を投稿してください。
口調や語尾などは変えても構いません。

・帰宅を待っていたのは予想外の人物だった!?
・数年ぶりに実家へ…
・かわいい彼女に言われたい!
・行方不明のあの人が帰ってきた!その事で更なる事件が待っていて…!?

誰かに言ってもらえるとなんだかほっとする「おかえり」。
しかし、物語によっては事件を引き起こす言葉になるかもしれません。
セリフから自由に妄想した物語を投稿してください。
あなたの妄想作品お待ちしています!

上位3作品には賞金+編集部からの選評!
また、上位30作品を結果発表ページでご紹介します。特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。

過去の妄想コンテストはこちら

応募要項

・公開状態の新作(募集期間内に新規投稿された作品)
・分量は100文字(三行程度)~10000文字
※上記2項目に沿っていない作品は選考外となります。
※完結していなくても構いませんが、選考において締め切り時点での完成度も評価の対象となります。

応募条件

・シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。
・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。
・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞に応募中の作品・過去に応募し受賞した作品は選考対象外とします。
・応募締切り後の作品編集可。
※ただし、審査は、締め切り時点2016年8月9(火)23:59:59のデータで行います。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

次回予告

次回の妄想コンテストは今回と平行する形で2016年7月27日(水)より開催いたします。

Twitterの反応

「ただいま」

小説

「ただいま」

相沢

そして、全てを失った。

完結

2ページ

帰る場所

小説

帰る場所

夏目藍

少年の旅の行方は……

完結

8ページ

イベント用短編 2

小説 現代ファンタジー

イベント用短編 2

猫の国

西 東

猫は不思議

完結

15ページ

7月30日、隅田公園にて。

小説 恋愛

7月30日、隅田公園にて。

桐嶋ハトメ(年始はなかなかインできず…)

「なんだ、今年も1人なのかよ」

完結

3ページ

超・妄想コンテスト短編集

小説

超・妄想コンテスト短編集

君の脚は綺麗だ

色部 耀

脚フェチの少年のクラスに転校してきたのは車椅子の少女だった

完結

17ページ

夢を追うものは跡を消す

小説 ファンタジー

夢を追うものは跡を消す

変わる日

☆花ノ果実☆

必要なのは、気持ちと愛と温もりで

休載中

10ページ

選考結果発表

今回は非常にたくさんの作品が集まりました! ハートフルな物語はもちろん、季節柄、お盆で死者が帰ってくる作品も目立ちました。「おかえり」という言葉は、大切な人と再会するシーンでの決め台詞になり得るようです。色々な形の再会をお楽しみください!

大賞(賞金3万円+選評)1名

ナイトメア・バンケット

小説

ナイトメア・バンケット

著:満月 兎の助

選評:

本筋は切ないラブストーリーながら、死者のパーティーが額縁のように物語を囲み、奇妙でオシャレなムードを作っています。歯切れの良い言葉遣いも素晴らしく、死者たちの奏でる音楽が聞こえてきそうです。

準大賞(賞金2万円+選評)1名

迷い家

小説 恋愛

迷い家

著:多数存在

選評:

艶めいた文章で世界観に惹き込まれます。遊女の声や抑揚まで聞こえてきそうな生々しいセリフ回しも良いです。ドキドキしながら読んだら、最後は切ない展開で胸を捉まれました。

入賞(賞金1万円+選評)1名

「おかえり」下さい

小説 青春

「おかえり」下さい

著:ななふし

選評:

自分の家からなかなか帰ってくれない親友……小さい出来事ですが、妙に結末が気になり、読み始めると途中で止められません。彼女もいい味を出しています。

佳作

welcome home

小説 恋愛

welcome home

著:紗夏

選評:

無口で不器用な男の姿を描いた作品。訥々とした文章で、彼の融通のきかなさ、根の素朴さがわかります。最後の精一杯の「おかえり」に思わず微笑んでしまいました。

奇想、天を動かす

小説 恋愛

奇想、天を動かす

とある夫婦の再会

著:東本良英

選評:

勢いとアイデアに佳作を差し上げたいです。あまりにも壮大な宇宙創造の物語と、平凡な夫婦のお話が交差し、離れ、また交差する様子がダイナミックです。

超・妄想コンテスト集

小説 ホラー

超・妄想コンテスト集

どこまでも

著:えにし

選評:

自転車で走っているときの流れていく景色や、頬に当たる風と主人公の心情描写が重なり、切なさと悲しみが伝わってきます。

短編 パラレル

小説 恋愛

短編 パラレル

扉を開けて

著:かず

選評:

阪神大震災の翌年、二年の任期で役場に赴任してきた彼との恋。リアリティのある舞台設定で、臨場感があります。方言も優しく、空気感が伝わってきました。

ちょっとひと息 もー譚集

小説 恋愛

ちょっとひと息 もー譚集

いくつもの春をこえて

著:もーたん

選評:

幼馴染で元彼女。ヒロインのセリフが可愛くて躍動感があり、読みながら彼女を好きになってしまいます。短編にもかかわらず、口調や行動だけで彼女とわかるほど強烈で魅力的なキャラクターです。

優秀作品