狂う

私の友人は狂うことに怯えていました。

茶路

2時間46分 (99,476文字)

5,802 8.4万

あらすじ

子供の頃、私は郊外の小学校に転校しました。 孤独だった私が親しくなったのは、やはり孤独だった京子でした。 彼女は、いつも怯えていました……自分がいつか狂いはじめることに。 やがて私は後悔す

シリーズタグ

感想・レビュー 26

秘密から過去作読んでます。 秘密同様狂うも読みやすくて、 面白いの表現で合うかどうか...ですが、 引き続き罪を読みます。
1件1件
怖いけど、美しさを感じました。 とても楽しませていただいたので、次のシリーズも 読んでみたいです(^-^)
読み始めると一気に!ホラーの分類でしたが、ストーリーだけでなくとても綺麗な文で、楽しめました。オススメの一作です!
2件1件
もっと見る

この作者の作品