散りゆくは

彼の者は、儚く美しく。それはまるで桜のように。

真田ちゃん

歴史・時代 休載中
16分 (9,088文字)

14 22

あらすじ

武士も桜も、散り際が美しい。 たとえ短くとも、その人生を誇れるものにできたなら。 それはそれで、素晴らしいと思わないか? ──…… 短編集です。 九割以上が作者の妄想と希望で成り立

感想・レビュー 2

サークルより、ご依頼ありがとうございます。 まずはご依頼の点について。 ・歴史小説らしい雰囲気が出ているか →出ていると思います。言葉選び、漢字の使い方、語り口etc 時代に応じた街並み、建造物、小
ネタバレあり
1件2件
大阪夏の陣の年の春、大阪城下の一本の桜の木の下での幸村と秀頼の何気無い会話エピソード。 特に大きな出来事を扱っているわけではではないのですが、描写等、雰囲気がしっかりと感じられて、どことなく印象に残
ネタバレあり
2件

この作者の作品