猛悪の牙

それは今も、腐り果てずに僕を蝕んでいる

とろう

ホラー 休載中
2時間26分 (87,347文字)

187 206

あらすじ

気が触れたように叫び声を上げて 呪い殺すように細い指先で花を手折って 息絶える寸前のように呼吸を止めて 形骸化した日常を否定する暇もなく、瞬きをした瞬間には目の前から消えていた そのすべてが異

感想・レビュー 3

 依頼ありがとうございます。拙いレビューではありますが、お付き合いくださいませ。  何回か読み返したのですが、どういう事なのか、まったく理解が出来ていないです。人が死んでいく事、母親のことや奇妙な同居
ネタバレあり
1件2件
全体に漂う濃密な狂気と、その狂気を追求する文章は良いと思います。 ただ、誰が何をやっているのか、いつの間に母親と刑事が入れ替わったのか、そして肝心の母親がどうなったのか、理解がついて来れない事が度々
ネタバレあり
軽やかに重苦しく、そして濃厚に綴られる狂気が堪らなくリアルで、見事としか言いようがありません。この手の物語には特殊な感性を持っているため、以下の感想はあくまで主観的なものであることを断っておきます。
1件

この作者の作品