シャーベット・ゲーム #02 四つの題名

【書籍化】襲われた女生徒のポケットには謎のメッセージが――。沙緒子&園子の名コンビが事件に挑む、シリーズ第2弾。

階 知彦

1時間52分 (66,781文字)
2016年12月に既刊『オレンジ色の研究』の続刊として書籍化(#03 まだらの瓶とのカップリング)されました!

491 678

あらすじ

私立朝霧学園高校に通う女子高生、穂泉沙緒子と和藤園子。ふたりにもたらされたのは、県立神原高校の体育館裏でミステリー文芸部の女生徒が襲われたという事件の知らせ。被害者のポケットには謎の暗号メッセージがあ

シリーズタグ

感想・レビュー 5

とても面白かったです。暗号に二つの意味を持たせた部分には驚きました。 ただ疑問点が三つあります 手紙は手書きだったのかどうか。女性が男性を装って書いたわけですから、この点は重要だと思います なぜ彼女は
ネタバレあり
書籍版から入りました! これからも、楽しみにしてます!
2件1件
四つの題名、最後まで読ませていただきました。 暗号自体は初歩的な物でしたが、そこに様々な意味を付帯させている点にはとても感心させられました。 かなり悩まれたのではないでしょうか? 様々な事象を一つの
ネタバレあり
1件5件
もっと見る

書籍化情報 この作品は書籍化されています!