十三月目の勇者ごっこ

十三月一日―――その日が、僕にとっての地獄の始まりだった

405 814

4時間11分 (150,320文字)

あらすじ

平和であった僕の日常は、崩れない。それにどうしようもない苛立ちを感じた 僕が望むのは、凡庸な世界じゃなくて、物語性のある面白い世界だからだ。でも、中々それは、僕の前に現れてはくれなかった―――、その

感想・レビュー 1

とある狂気的な1ページにレビューせざるを得なくなった…… これは凄い……激しくネタバレになりますので伏せますが、確かにこれはキツイ……なまじ前が中々手応え感じてただけに……。 …三桁を迎えた今、勇

その他情報

公開日 2014/5/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る