庶幾

「ずっと好きだったよ? 気付くでしょ普通」

向山優

恋愛 完結
9分 (5,388文字)

12 19

あらすじ

仕事で失敗して、落ち込む「あたし」。 ふと思い出したのは、あたしが落ち込んでいると必ず慰めてくれた、幼馴染みの「彼」だった――。 「幼馴染み」という壁を乗り越えた先に、あるものとは?

感想・レビュー 7

庶幾というタイトルと読了後に感じた感覚が非常にマッチした良作だと思います。 行間の使い方がとても上手で、切なくもどこか優しく物悲しい情景や主人公の心情、最後の展開など全体的に深い味わいを出しています
1件
 無言の内に多くを語ると言いますか、雰囲気で読ませてしまうタイプの小説だと感じました。  静かで優しく、幼なじみ特有の親しみ、落ち込んだ心情がひしひしと伝わってきて、やっぱり小説は長さでは無いのだな
3件
誰でも失敗はするし、助けて欲しい時もある。 普段は流せる事も、考え方一つでどんどん落ち込んでしまったりして… こちらのお話から、そんな女性特有の不安定な気持ちが伝わって、頷きながら読ませていただきまし
ネタバレあり
2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る