古着屋 響

引き戸を開けたら、そこは、変な古着屋でした。

うー

2時間16分 (81,136文字)

52 1,759

あらすじ

大都会の片隅に ひっそりと建つ平屋のお店。 そこに集まる品々は 様々な思い出を持っていて…。 ::: 二章 第一話 白猫のハル君は 樹桜花さま作品 「うちの猫(こ) あるある」より お借りし

感想・レビュー 2

僭越ながらレビューなんぞを 毎回思います レビューとは何だろうか?と 感想文なら1000文字では足りません 唯誉めるだけなら三行も要りません 私はある通販でレビューを信じて買いましたが 硬いトバ
2件4件
実を申しますと、リアルでの私は(あまり購入したことはないものの)古着というものがなんとなく苦手でした。 それはたぶん、以前の持ち主の何かが残っていそうな感じがするからです。 でも、こちらのお店『響』
ネタバレあり
2件5件

この作者の作品

もっと見る