あの夏の囚われの身

超・妄想コンテスト「夏なんてなくなればいいのに」 入賞作品

二条 光@エブ活動は控えめになります

3分 (1,673文字)
「5分でとろける恋物語-しっとりビター編」(中央公論新社)収録作品

21 278

あらすじ

主人公は毎年祖父母のいる避暑地に預けられていた。 ある年の夏、いつもは通りすぎていたはずの洋館を眺めていると……。 超・妄想コンテスト第31回 「夏なんてなくなればいいのに」という文章を使って書こ

感想・レビュー 5

読ませて頂きました。 ひと夏の出来事を、無駄のない文章で、無垢な言葉で仕上げていて好感が持てる作品でした。多分、もっと長い作品にしてしまったらダメな作品ですね、この文字数、5分かからず読み終えるこの読
1件
この作品を読んで、官能の意味を考えてしまった。身体中の器官に眠る本能を目覚めさせてしまう、もしかしたらそれが官能なのかもしれない。 まだ性も目覚めぬはずの少女。しかしその芯には、しっかりと、雌として
ネタバレあり
1件
まだ大人になりきれていない少女の頃は、 官能的な世界に興味がありつつも、 頭の中ではそんな事を考えるのは、 イケナイと罪の意識が芽生えます。 避暑地、古い別荘、油絵の具の匂い、2人だけの空間。 少女
ネタバレあり
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る