このコンテストは受付を終了しました

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第31回 「夏なんてなくなればいいのに」という文章を使って書こう

選考結果発表
たくさんのご応募、ありがとうございました! 予想以上に切ない物語や悲しい物語が多い回となりました。夏ならではの別れや切なさをお楽しみください。
大賞(賞金3万円+選評)1名
素晴らしい完成度です。オーソドックスなストーリー運びの中、ラムネ瓶で作った海という小道具が切なさを倍増させています。ハッピーエンドではないけれど、読み手の心にキラキラしたものを残す作品です。
準大賞(賞金2万円+選評)1名
予想外の方向に転がっていく物語に引っ張られて夢中になって読めました。伏線がしっかり張ってあるので、作者の投げるアクロバティックな変化球もしっかり受け止めて読むことができます。
入賞(賞金1万円+選評)1名
短いにもかかわらずぐっと迫ってくるような、濃度の高い大人の小説です。ラストの余韻が良いです。
佳作
読んでいて辛くなるほどに、悲劇と真っ向から向き合った作品です。悲しい事件に遭った主人公の心情が真摯に丁寧に描かれています。
たたみかけるような単語で夏の辛さを思う存分に表現した作品です。秋が深くなってきた時期に選考したにも関わらず、読んでいて思わずじめじめした暑さを覚えてしまいました。
先の展開は読めつつも笑いながら読めました。テンポが良くてすいすいと読めてしまいます。4コママンガのような味わいです。
論理的で小難しい台詞回しにもかかわらず、ラブラブな二人の会話がとっても可愛くて萌える作品です。
ホラー描写がとにかく恐く、背筋をぞっとさせます。ちょっとした単語で物語の冒頭とラストをつなげ、恐怖を増す手法も上手いです。
優秀作品
スケジュール
■募集期間 2016年8月10日(水)11:00:00 ~ 2016年9月6日(火)23:59:59 ■結果発表 中間発表:なし 最終結果発表:2016年10月下旬
大賞(賞金3万円+選評)1作品 準大賞(賞金2万円+選評)1作品 入賞(賞金1万円+選評)1作品 佳作数作品(選評)
募集内容
新作限定! 初心者大歓迎! 三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第31弾です。 今回のテーマは 「夏なんてなくなればいいのに」という文章を使って書こうです。 作中のどこかに必ず「夏なんてなくなればいいのに」という一文を入れた妄想を投稿してください。 セリフに変えても構いません。 変えた場合は、口調や語尾などを変えても構いません。 ・毎年、夏が来るたびに現れるあいつ… ・夏なんて大嫌い!そう思っていたのに…!? ・片思いの彼が私の親友を花火に誘ったと知って… ・憑かれやすい体質の主人公が肝試しに連れて行かれ…!? 「夏なんてなくなればいいのに」と思う理由とは…? どきどき、はらはら、切なさや戸惑い。 物語の登場人物に一体、どんな出来事が起こったのでしょうか?そして、主人公はどんな結末を迎えたのでしょうか? ホラー、ミステリー、恋愛ストーリーなど、「夏」だからこそ巻き起こる妄想をぜひ投稿してください。 あなたの妄想作品お待ちしています! 上位3作品には賞金+編集部からの選評! また、上位30作品を結果発表ページでご紹介します。特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。 過去の妄想コンテストはこちら
応募要項
・公開状態の新作(募集期間内に新規投稿・公開された作品) ・分量は100文字(三行程度)~10000文字 ※上記2項目に沿っていない作品は選考外となります。 ※完結していなくても構いませんが、選考において締め切り時点での完成度も評価の対象となります。
応募条件
・シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。 ・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。 ・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞に応募中の作品・過去に応募し受賞した作品は選考対象外とします。 ・応募締切り後の作品編集可。 ※ただし、審査は、締め切り時点2016年9月6(火)23:59:59のデータで行います。
次回予告
次回の妄想コンテストは今回と平行する形で2016年8月24日(水)より開催いたします。

コンテストの注意事項(必読)