鳴神家の呪い

僕たちは、深夜に鳴り響いたオルゴールの音色に事件へと誘われた

70 87

3時間56分 (141,195文字)

あらすじ

大学二年の春、僕は葵さん、茜さんと共にボランティアとして訪れた鳴神邸で、不思議な事件に巻き込まれた。 土砂崩れにより陸の孤島と化した邸で起こった事件を解決する為に、奔走する。 公開日:2017年5

タグ

感想・レビュー 1

(応援)  今作も面白かったです。具体的に何とは書き連ねるような野暮なマネはしませんが、読み進めると本格ミステリーの様々な道具立てが散りばめられているのが実に好み。  また、この作品は本格ミステリー

その他情報

公開日 2017/5/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る