名探偵なんていらない

それはその世界での憧れの対象であり、最も尊敬され、そして最も危険な存在

43 75

2時間58分 (106,428文字)

あらすじ

時は一九世紀、蒸気機関の発達した世界で最も尊敬を集める職業は探偵だった。 霧に煙るリンドンの街で、探偵が殺害された。 街に来たばかりの青年エンハンスは、下宿した家の主人であり、刑事でもあるアンダーウ

タグ

感想・レビュー 1

「名探偵なんていらない」……ああ、なんと刺激的な題名だろうか!推理小説を好む者なら、この題名だけでもつい触指が動くというものだろう。  舞台は19世紀の架空の都市「リンドン」。探偵が職業としてだけで

その他情報

公開日 2016/5/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る