あしあと

触れても消えない雪があるなんて、彼に出会うまで知らなかった──。

遊木千周@不定期IN

BL 完結
6分 (3,334文字)
クリスマスのささやかなお伴にしていただけましたら幸いです(*´ω`*)

68 7,954

あらすじ

雪に残ったふたつのあしあと。 春になったら、せいせいとした気持ちで巣立っていけると思っていた。 それなのに何故、今、何かに囚われて、雪のなか、動けなくなっているのだろう──。

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

千周さんのBL短編集はどれもが本当に短編です。 ですので、ぜひともこの作品を読み終わったら 他の作品もご一読されることをお勧めしたい。なぜなら・・・ 同じ風景を見ていてもこうは描けないだろうなという
1件1件
年甲斐もなく「キャーー!」と言ってしまいました…笑 そうなんですね、雪は溶けなかったんですね…いや、二人の愛で雪を溶かしそうな気がしますけどね。 年の差なのに甘酸っぱくて、冬の足音がすぐそこに聞こえ
1件2件