雨の日のタバコは、悲しい煙の匂いがする<短編>

昔大好きだった人は、大好きじゃない人になっていました―――2度目の失恋物語

肉球まつり

恋愛 完結
3分 (1,400文字)
超・妄想コンテスト 第74回「今も忘れない」応募作品です!スターポチッと応援よろしくお願いします(* ´ ▽ ` *)

21 670

あらすじ

雨の日の煙草は悲しい匂いがする――― 8年後、久しぶりに再開した大好きだった人は、 大好きじゃない人になっていました。 あの頃、手が届きそうで届かなかった存在は、 手を伸ばすことも無い存在に姿を変え

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

煙草の煙を見る度に甦って来る、文字通り『ほろ苦い失恋の記憶』。 『時の流れは人を変えてしまう』と申しますが、 いやぁ。これは切ないですね。 作者様が紡ぎだす言の葉がある意味リズミカルで安定していて
ネタバレあり
感想を失礼致します。 題名から既に切なく、物語もとても綺麗にまとまった素敵な作品でした。 描写の一つ一つが細かく丁寧で、読後の胸の苦しさが増しました。 素敵な物語をありがとうございました(*^^*)
1件2件
一度めは恋に敗れ、二度めは恋が死ぬ。 二度の失恋は誰でも経験があることだと思います。私も勿論あります。 恋が死んだ瞬間の景色は、大好きだった思い出と同じくらい、なぜか忘れられないものですね。 タイトル
ネタバレあり
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る