忠勝伝2巻《雌星の章》

「あれが、本多忠勝かぁ」眼下の黒い騎馬隊を見ながら直隆は言った。

達也

5時間20分 (191,750文字)
忠勝伝、2巻でございます。

246 3,658

あらすじ

 三河で一向宗が巻き起こした未曾有の一揆は家康軍の大勝利で終息した。  三河守護としての地位を確固たるものにするべく、家康は京に使いを出し、朝廷に上奏する。  三河守護の位についた家康は松平から徳

シリーズタグ

感想・レビュー 4

忠勝の魅力さらにじわり、じわり

いささか極端な持論ですが。 おそらく誰にとりましてもひたすら順風満帆な人生などあり得ませんし、万が一あり得たならば、それは心底つまらないものとなることでしょう。悲しい別れや後悔を繰り返しながら、ひとは
1件1件
イイな~、兄、昌虎の謀反を、弟、昌景が断じる。 あとの、昌景と信玄公のやりとりも素晴らしい出来。 ただ、惜しむらくは、この物語は徳川の本田忠勝、せめて、使者に立っている榊原康正の目で見ているようにして
3件
読みがいのある本です。チートやif、転生物にはない厚みのある歴史小説です。 作者の歴史小説に真っ向から挑む気概と心意気が伝わってきます。 ページが重なるのが楽しみな作品です。 作者の意図的な物か、又、
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る