白夏の檻

想われないのなら、いっそ嫌われて彼の心に残りたかった──教師×生徒ものです。

遊木千周@不定期IN

BL 完結 過激表現
13分 (7,673文字)
5/12:5000☆ありがとうございます!(´▽`*) 表紙はあーるさんから。応援してくださって本当に嬉しいです♪

246 8,159

あらすじ

想うひとには、ほかに想うひとがいた──。 高校三年生の千景(ちかげ)にとって、それは担任教師である貫井(ぬくい)だった。 どうすることもできない恋情に苛立ちが募った夏の終わり、 千景は彼の想いびとであ

シリーズタグ

感想・レビュー 5

雨が降ってきたからと言って…

作品を読んで直ぐ大江千里のrainが脳裏に流れる私は頗るシンプルでしょうか??ww 歌唱は槇原敬之ver.がよいですかね? ジャンル的に。 さて、この作品には今まで私が読んできた遊木作品にはない
1件3件
教師と生徒、BL、という言葉を軽々しく冠するには余りある、密度の濃いものが描かれた作品。 文字を追っていると情景が浮かび、登場人物の感情が自分の中に入り込んでくるような臨場感です。作者様の魅力をぎゅっ
2件4件
ひとの持つ、綺麗ごとでは済まされない感情。嫉妬、独占欲……若さゆえ暴走してしまう感情で罪を犯した生徒と対峙する先生。 冷静公平で諭す先生。でも、彼の白衣の内側には夏のような熱が隠されていた。 熱のこ
ネタバレあり
1件1件
もっと見る