古物時計店の『時ほぐし』 第三幕~クレーマーにうってつけの品~

壊れた時計とクレーマーの因縁を解きほぐす

18 129

32分 (18,721文字)
表紙は、時計を分解して修理している写真です。

あらすじ

※SKYHIGH文庫賞 優秀作品/_ofcl_evt_outline?e=154960 古物時計店『時ほぐし』の店長・時任(ときとう)刻(きざむ)。 そこの店員に採用された元ニート・風師(

感想・レビュー 1

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2018/7/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る