特集

『選考会ノ夜』

もし、AIが芥川賞を取る日が来たら・・・、

マノダ・ハラマン

SF 完結
16分 (9,450文字)
新作セレクション9/13号・ユノさん主催「第一回この作品見てくれ!大賞 (SF部門)」に選出頂きました!

43 2,497

あらすじ

日本文学界の最高峰「芥山賞」の最終選考は難航していた。といのも、設立二百回目を迎える記念すべき賞の候補の中に人工知能による作品が紛れ込んでいたからだった。奇しくも人間の存在を脅かす人工知能と追い詰めら

目次 1エピソード

感想・レビュー 9

良い意味でとても有機的なSFです。SFと云うジャンルの名を借りたヒューマンエンターテインメント文学とも呼べるのでしょう。最後まで目が離せない(離したら台無しだぞ!)ストーリー展開もスムーズで、安心して
1件2件
最初のページからとても面白くて、どういう結末になるのか、わくわくしながら一気に読ませていただきました。 AIが完璧なる小説を書きあげてしまったら、一体どうなるのか。 この問題(危惧?)は、時々語られ
ネタバレあり
2件3件
凄く面白い作品でした。近未来を感じさせるストーリーで、着眼点が素晴らしく最後まで一気に読み終えてしまいました。選考でのリアルな会話も作品に深みを与えています。 高校生の頃によく読んだ巨匠、星新一さんを
ネタバレあり
1件3件
もっと見る