時を追う、君の影

昨日に消えても、また明日を想うから

3 22

概要・あらすじ

作者: 星崎ゆうき
1時間39分 (58,989文字)
 過去は常に現在と交じり合っている。現在の知覚が、記憶の中に潜む過去を想起させ、それを目の前に現前させることによって、この世界は成り立っているんだ。  そう、目の前の世界は現実だけから成り立っている

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/8/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る