星迷う空の下で願う夢は遥か

置き去りにしてしまった願いをもう一度

星崎ゆうき

13分 (7,376文字)

2 9

あらすじ

 出会いは偶然や奇跡で語られ、別れは必然のように語られる……。そうなのだとしたら人はなぜ、誰かと出会うのだろう。過ぎ去った時間に手をのばそうとしても決して届かない。不可能性の最も純粋な形。 ――過去

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2018/10/31