追憶の夢

自分に背を向け、初めて自分と向き合う。

36 3,692

SF 完結
3分 (1,497文字)
人生に少し疲れた人へ。何だか自分で書いていて切なくなりました(≡ω≡;;)

あらすじ

ただ一人、自分と向き合う。鏡越しでなく、真っ直ぐに。 それは、何となく生きて、人生に疑問と疲労を感じた社会人が見た、最初で最後の夢と現実。

目次 1エピソード

感想・レビュー 10

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

自作にスターを頂いた縁で読ませていただきました。稚拙ですがレビューを書かせていただきます。 テンポよく進んでいく文章で、時折くすりとくるワードセンスでありながらも大本のテーマはとても重いものだと思
もっと見る

その他情報

公開日 2018/9/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

永遠の涙

SF 完結 過激表現
12分 (6,882文字)
もっと見る