あぶさんと呼ばれた男

戦力外通告されたベテラン捕手の復活譚

t@ke

9時間21分 (336,156文字)

184 1.4万

あらすじ

   舞台は静岡県の地方都市に本拠をおくプロ野球チーム。    南洋ホワイトベアーズのベテラン捕手、大沢秋時は契約更改の席で久住GMから突然の戦力外通告を受ける。同時にドラフト1位で獲得した六大学のス

感想・レビュー 7

野球小説の醍醐味、じっくり味いました。

じっくりと読ませていただきました。 読み応えのある、素晴らしい物語でした。 野球に限らず、スポーツを描く物語って、実は漫画でしか読んだことがなかったんです。やっぱり絵がないと、って思っていて。 でも
2件2件
t@keさま 随分長くかかかってしまいましたが、 あぶさん完読しました。 随分と、 野球や野球業界のことお詳しくて、 描写も細に入り、 すごくリアルに感じました。 正直これで終わりは、 寂しいの
1件1件
「あぶさんと呼ばれた男」 こういう男っぽい世界にいつも魅了されます。 人物の描写はもとより、背景、事情等々の設定が秀逸です。 そう、けっして野球だけではない。それ以外の場面でも読ませてくれます。 こ
1件2件
もっと見る

この作者の作品