特集

Mayday―メイデイ

1912年4月14日。あの日、タイタニック号が氷山にぶつかるなんて、誰が予想できただろう。

アラタ

33分 (19,715文字)
新作セレクションに選んでいただきました。読んでくださった皆さまに感謝申し上げます。

97 3,370

あらすじ

ロンドンのパブリックスクールに通う17歳のアシュリーは、明日から春の長期休暇に入る。 偶然タイタニック号のチケットを手に入れ、心躍らせるが……。 ※表紙はPicrew「おにいさんメーカー」にて作成

感想・レビュー 6

アラタさん こんにちは(^^) 拝読させて頂きました  『言動が運命を_ 』ここの数行 何回も読んでました。 他のページにも幾つも見られましたが 紡がれてる言葉がとても心深く響いてきます 驚いたの
ネタバレあり
1件
初めまして。 新作セレクションに掲載されているのを見て読み始め、本日読了しました。 月並みですが、とっても面白かったです。 タイタニックネタは、あの有名な映画や、某小説で取り上げられていたのを読んだ
ネタバレあり
1件
多感な年頃の少年アシュリーの心理が、とてもみずみずしい文体で描かれています。 ちょっと複雑な家庭事情がある故に、父親とうまくいかず、そして唯一の理解者である叔父のブライアンとも、タイタニック号に乗って
ネタバレあり
2件
もっと見る

この作者の作品