紋章官の家 〈4〉シニスターの槍

誰も気づかない、君の見つめる先

119 3,871

50分 (29,813文字)

あらすじ

いま一度向き合おうにも、左右の壁が厚く隔たる。 この星を廻り廻れば、やがては道を交えるだろうか。それとも永遠に相まみえぬ背後の影法師か。 道化だけが知る舞台の闇。 誰も気づかない、君の見つめる先。

シリーズタグ

感想・レビュー 10

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

2017 1月19日完読 紋章官のシリーズも4作目。 毎回読む度に、自分の中のランキングが揺さぶられ変動してしまう笑 ラストのページ後書きの様な説明文?のページすらも面白かった! シニスターの槍
もっと見る

その他情報

公開日 2016/4/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る