透明な糸

そこには新しいケースが準備されていた 映像的短編ホラー

9 265

ホラー 完結
9分 (5,030文字)
ぼくたちはみな自由だと思っている。しかし、自由を奪われ、操られている被征服者は常に無言なのだ。

あらすじ

ある水族館で久しぶりに高校の友人と再会した。彼の横顔は相変らず美少年の面影を保っており、水槽の光を反射してますます青白く見えた。仔犬を届けに彼のマンションを訪ねると、そこにはたくさんの水槽が並べられて

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

ゾッとする話

私も水族館大好き人間なので、この話をワクワクしながら読み始めました。 でも、かなりぞっとする話でした。 ゾッとはしますが、それだけでは無く、物語全体は美しい印象を持ちました。端々に出てくる生き物の例え

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2019/1/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る