受賞

家に帰るまでが逃亡

俺の命には、二億円の値がついた。若き追跡者たちから逃亡する、サバイバルミステリ。

178 935

SF 完結
2時間12分 (78,968文字)
長編小説第三弾。ファンタジーコンテスト「ゲーム/遊戯」で大賞を頂きました。

あらすじ

西暦20××年。故郷で社会人生活を送っていた俺は、数年以内にこの辺りを封鎖し、”軍事演習”が行われるという噂をきく。世界各地で数年前から開催されているという”行事”の正体は、地球を侵略した宇宙人による

感想・レビュー 3

※このコメントはネタバレを含みます

高梨さんの作品は、まずタイトルで惹きつけられます。 この作品も、なんだって? っていう感じで、ついつい目をとめてしまいました。 そして、読み始めると、その見事な描写力、表現力に絡めとられ、ついつい読
新作ですね! 更新、楽しみです タイトルセンス&表紙のよさに、毎度嫉妬(笑)

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る