あの日、君と見た桜を

桜が咲くたびに、私はきっとあなたのことを思い出す――彼女はそう言って、笑った。

1,257 2.2万

恋愛 完結
9時間26分 (339,599文字)
『君の悲しみは僕の左手に』『僕の左手はキミのために』のその後、のお話です。

あらすじ

花村優、そろそろ三十五歳になる独身男。 ようやく片想いをしていた彼女と、結ばれたのだが…… 人生には様々なハードルが待ち構えていて、楽しいばかりではない。 その都度もがきながら、二人は答えを見つけて

感想・レビュー 3

「序」の前の7ページ

1ページから7ページは序とまったく同じですね? いらないのではと思いました。

たくさんの更新うれしいです

毎日たくさんの更新ありがとうございます。 決して夢物語ではない等身大の大人の恋愛だよなぁと思いながら読んでいます。 甘え下手な旭も優柔不断な優も人間くさくて好きです。 私も息子が一人いるのですが、優の
楽しく読ませて頂いています。 19ページからと34ページからが同じ話で被っている様な気がします。前作でも何度か見かけました。 話の意図が理解していなかったらすみません。

その他情報

公開日 2019/3/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る