氷と太陽の黄金比

ぬるま湯の中で氷が勝ち誇ったように、カランと溶ける音を鳴らす。

14 85

恋愛 完結
14分 (7,928文字)

あらすじ

「俺と結婚してくれませんか」  彼の中には、0か100しかない。白か黒ではなく、0か100。  私のことは0か100しかない。真ん中はなくて、百好きか、一も好きじゃないか。  そう言ったら、意味が分

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/4/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る