贄の戀、あるいは金魚たちの夢

恋した人は、夢の中の人

8分 (4,677文字)
和泉式部の「君とまた みるめおひせば四方の海の 水の底をも かつき見てまし」という歌からインスパイア。
あらすじ
感想・レビュー 0件

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日:2019/4/27

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る