受賞

手児奈し思ほゆ

万葉集にも詠われた伝説の美女「真間の手児奈」に題材をとった古代ファンタジー&バイオレンス小説。実らぬ初恋と復讐の物語。

三谷銀屋

歴史・時代 完結 過激表現
53分 (31,751文字)

20 36

あらすじ

下総国(今の千葉県)の国造(くにのみやつこ)の娘・手児奈と、手児奈に想いを寄せる墓守の男・阿止利……一度は引き裂かれた二人が再び出会う時、残酷な現実が二人の運命を飲み込んでいく。 実らぬ初恋と復讐の物

タグ

感想・レビュー 1

佳作入選おめでとうございます!

世界観、時代背景の描写に圧倒されました。 切なく、悲しく、不気味な、決して成就しない物語でした。しかし、ずしりと重い余韻が残っています。ラストシーンはあまりにも切なくて、考え込んでしまいました。
1件2件

この作者の作品

もっと見る