反転する時計

夜勤を寝過ごしたと思っていたらそうじゃなかった件。

3 66

3分 (1,454文字)
超・妄想コンテスト「3時」参加用即席麺。

あらすじ

独身貴族を謳歌する「俺」。 ふと目を覚まし、時計を見ると夜勤を寝過ごしていた…と思っていたが、今日は休日。 安心した俺はいつものように、漫画を読み始めた。 しかし俺は気付いていなかった。 既に異変は

読者の感情

タグは登録されていません

その他のキーワード

目次 2エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/5/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る