一番・ショート

ぼくはもう野球をやめた

真乃宮

青春 完結
9分 (5,284文字)
妄想コンテスト『傘』応募作品です。

2 24

あらすじ

駅の傘立てにもたげる一本の傘。 痺れるほど、溶けてしまうほどに嬉しかったあの日の想い出。 高架下の赤土。雨の日の練習。 一番・ショートにはいつも「けんちゃん」の姿があった。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品