特集

倶生人

欲を見抜く少年と、嘘を嗅ぎ別ける男と、取り憑いた幽霊のお話。

歌識 奏

3時間38分 (130,273文字)
8/15 完結致しました。

76 1,296

あらすじ

 ――時代は江戸中期、舞台は上野。  忠左は『嘘』を見抜く遣り手の目明かしとして人々の尊敬を集めていた。  しかしその能力は忠左のものではない。彼に取り憑いた幽霊、妻のお初によるものだ。  彼女は昼夜

タグ

感想・レビュー 2

これは愛の物語です

初めて感想というものを書かせていただきます。 私はこれまで、他の作者様の作品を自分の拙い文章で評するのが怖くて、どうしても感想を書けずにいました。 しかしこの作品を最後まで読み終え、たとえ私のような者
2件1件

時代物でミステリーでヒューマンドラマでした

完結してしまいますたwww お疲れさまでした<(_ _*)> あらすじから興味をそそられ拝読させていただき、終わってしまうことが寂しく思う作品です。 時代物の作品はその時代背景や描写に真実味があれば
2件1件

この作者の作品

もっと見る