マグナマテルの傘

雨の日の死と再生の幻想。名のない私。

かの未琴

11分 (6,131文字)

19 550

あらすじ

薄暗い雨に包まれる寂れた路地、朽ちかけた我が家に居座る、乃木という名のジジイ。 希望もなく、逃げ出すこともせず、繰り返すのは乃木との関係。 思い続けた男、笛吹(ウスイ)が連れ出してくれるなら。 手を引

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る