ポケットパラミシア

宇宙進化についての一考察であります

30 125

SF 完結
14分 (7,931文字)

あらすじ

圭多(けいた)は安易に卒業するためだけに、林教授のゼミに潜り込んだ。 老いた教授に尋ねられたのは、 「ポケットの中のビスケットを叩くとどうなるか」。 はたしてビスケットは割れるのか。それとも増えるのか

目次 4エピソード

感想・レビュー 2

ポケットの中のビスケットが宇宙の謎を解く鍵だったとは!

ビスケットは割れると考えてる方は、この作品を一読願いたい。それは本当に正しいのか。 ビスケットの話に惹かれ、興味深く読み進めていくと、物語は思わぬ方向に行っちゃいます。それはそれは、ぶっ飛んでます!

最も伝えたい一言?神秘のベールがここでひっぺがされてますってこと

びっくりしました。それはそれはびっくり。 国土の9割以上が知っているであろうあの不動の童謡。あの歌に隠された真実がまさにここに。 幼少期から刷り込まれてきた、叩けば増えるという魔法めいた暗示。普通に考

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2019/8/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る