図書棟の守り神 ~幽霊司書と文学少女~

とある私立学園の図書棟に集う人々が巻き起こす、少し不思議でほろ苦い事件のおはなし。

41 48

青春 連載中
43分 (25,478文字)
宝島社文庫より『日歿堂霊怪日録 遺品整理屋はいわくつき』発売中です。イラストはしのとうこ先生。よろしくお願いします。

あらすじ

とある事情で私立時邱《ときおか》学園に転校した澪はある日、転校先の学園で幽霊の司書教諭・五十鈴と出会う。 学園の最北端に位置する、一棟のレンガ造りの建物をまるごと図書館にあてた通称・図書棟。 強引で

シリーズタグ

感想・レビュー 2

素敵だなと思えるオープニングでした

図書館でなくした鍵を見つけてくれたのは“幽霊司書”。転入してきたばかりのヒロインは物忘れはするわ、イライラするわで気持ちが荒れている。図書館の外に出られない地縛霊の透子のほうが余裕があるのが、彼女との

読みやすい

素敵な作品ですね。するすると、物語が展開され、かつ嫌みでないところが、うれしいなあと思いました。更新お待ちしております。

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2019/6/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る