**スノウ・ロード**

是は悲しい、哀しい叙事詩──絶望の糸で縫い閉じられた物語。

RuYI

ファンタジー 連載中
43分 (25,411文字)
王道が好きなんです。。。小説投稿緊張しております。。。

78 3,284

あらすじ

永遠の幽閉の園から、窓枠に切取られた空を遠く見つめる白き姫。 降り止まぬ雨、崩れかけた塀に剣を抱くようにして踞る少年傭兵の、その瞳に流れるのは雨か涙か。 移ろい行く時の果てに二人は戦場で出会う。 闇の

感想・レビュー 3

女の子の期待そのままに入り込める壮大な物語。

公開中の第一章7話まで読ませていただきました。 序章から惹きつけられる文体で、トルヴェールの唄を聴きたい女の子の期待そのままに物語りを読み進めました。 第一章、血生臭い戦場の情景や人物の衣装や武器まで
2件1件

物語に引き込まれる、素晴らしい序章でした。

とても綺麗で整った、読みやすい文章です。例えば「どうしたの、と聞けば、お前も来いよ、と返される」という一文。あるいは、貴族階級お抱えの音楽の担い手トルヴェール。声に出して朗読したくなるリズムの良さを感
1件

掲載分まで拝読しました。

物語のプロローグ、語り手が紡ぎ紡がれるさまは壮大な叙事詩と群像劇の始まりでしょうか。 すごい絵的に映えそうな場面の連続ですが、これ絵にしたら大変だろうなぁといらぬことを考えながら読んでます。 みんなレ
2件3件

この作者の作品