**スノウ・ロード**

是は悲しい、哀しい叙事詩──絶望の糸で縫い閉じられた物語。

32 159

ファンタジー 連載中
35分 (20,921文字)
王道が好きなんです。。。小説投稿緊張しております。。。

あらすじ

永遠の幽閉の園から、窓枠に切取られた空を遠く見つめる白き姫。 降り止まぬ雨、崩れかけた塀に剣を抱くようにして踞る少年傭兵の、その瞳に流れるのは雨か涙か。 移ろい行く時の果てに二人は戦場で出会う。 闇の

感想・レビュー 1

掲載分まで拝読しました。

物語のプロローグ、語り手が紡ぎ紡がれるさまは壮大な叙事詩と群像劇の始まりでしょうか。 すごい絵的に映えそうな場面の連続ですが、これ絵にしたら大変だろうなぁといらぬことを考えながら読んでます。 みんなレ

その他情報

公開日 2019/7/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る