夏の輻射点

世界には、もしかしたら答えなんてないのかもしれない。

28 52

青春 完結
16分 (9232文字)
レトロで無国籍な雰囲気の小品を書きたくて。BLではありません(一応)が、自分の好きなものばかり詰め込みました。

あらすじ

秀才のミクリと腕白なカザトは親友同士。ある夏の夜中、二人はこっそりと家を抜け出して町外れにある城址まで流星群を観に行くことにする。蛍を閉じこめた紙貼りの虫籠をランタン代わりに向かった先で、呑み込まれそ

タグ

目次 3エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/7/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る