泥の道

「そうだ、お前を愛してる──だからお前を喰いたい」

三村 薔

10分 (5,741文字)
復帰のための習作です

15 83

あらすじ

私は回想する。 たぶん、五歳の頃だ。私は兄とあてどない旅をしていた。 兄がニンゲン以外のなにかであることは、なんとなく察してはいた。 ◇◆◇◆◇ 短篇集・ヒトクイシリーズ第二話。 拙作『渇きの午睡

シリーズタグ

感想・レビュー 6

夢か現か、癖になる。

拝読いたしました。 兄との逃避行ですが、冒頭の「私は多分五歳である」~兄の正体・あの日々は実際にあったことなのか等。 作品全体を不確かさが包んでおり、なんとも言い表し難い感情が渦巻きます。 またスニー
1件1件

微ホラーで怖かったです

 最後の方のお兄さんに、『食べられてしまうのかな……?』とドキドキしましたが、それ以上に兄弟愛があって面白かったです。これからも頑張ってください。
1件1件

捉えどころのない感じが

前編の子供の目から見た、自分のいるべきでない世界の描写が、とても怖かったです。何が起こっているかつかみ切れないけれど、言いようのない怖さに晒されている感じ。読んでいるこちらにも伝わってくる不安が逆に目
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る