付喪

人生とは何か。

10 345

11分 (6141文字)
面倒なので本文は一挙公開。さくっと読める短編。別に深い意味も何もないお話です。思い立ち。

あらすじ

#2019/9/15 現代ファンタジー 最高40位 _______________ その人生は、私達の生きる舞台。 さぁ、どうぞ。 あなた様に良き『人生』が訪れますように…。

タグ

感想・レビュー 3

着想を支える確かな筆力

着想が素晴らしいのはもちろん、普通は着想倒れになりがちな素材を、完成度の高い物語にしているのはさすがです。 ラストのページが、ファンタジーに包み込むような優しさを演出していて、幸せな読後感でした。 素

他人からどう見えるのかに注目作品。

コンテスト「ゲーム」作品かと思ったら違ったw (と、思ったらそうだったという後日談あり) これは面白いですね、着想が。この手の物が世の中にはたくさん出ていることから、人気があるのが分かる。では、何故人

さぁ。恐れずにその賽を振って。

人生十人十色なんて言うけれど、 我輩の場合はそりゃ色気もへったくれも無い人生だった。 というか。むしろ無色、いや灰色になりかけた人生だったと今にして思う。 何度泣き晴らしたか分からぬ。幾度この身を傷付

その他情報

公開日 2019/9/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る