伯父からの手紙

伯父の告白に僕は背筋が凍る。

48 1,087

7分 (3779文字)
「手紙」がお題ということなので。

あらすじ

中1になった僕はなぜか伯父の家に呼ばれ英語を習う羽目になって・・・。

タグ

目次 2エピソード

感想・レビュー 5

リアリティのある描写、とても良いですね

親戚のおじさんの性格や言動、おじさんの住まい、出てくる実在の地名などが巧みに組み合わされていて、リアリティのある描写だけに注目しても楽しく読めてしまいます。 『親戚あるある』なエピソードで読者の共感を

学ぶことの多い作品です。

伯父と主人公のやり取りが秀逸な作品。面白すぎる。相手の想いをなにも知らぬまま主人公は求められるまま六年という日々を過ごし、きっと別れの時期を誘った伯父が彼に面会を求めるのだが。人はどうして後悔というも

しんみりだけど、あたたかいお話でした

カオルさんの理由を、当時の僕が知ってしまっていたら反発したり動揺したりできっとこんな濃密な6年間は過ごせなかったと思います。歳月を経て、そして手紙という形だからこそ受け入れられた想いなのかな、としんみ
もっと見る

その他情報

公開日 2019/10/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る